令和5年度展示・イベント情報


令和5年度第2回高知城歴史博物館出張講座
「地域の歴史と過疎問題について

―芸西村久重地区を事例として―」 

<施設名>高知県立高知城歴史博物館
<期  間>令和6年2月18日(日)
<時 間>13:00~16:00 (会場は12:30)
<会 場>芸西村民会館

   (高知県安芸郡芸西村和食甲1262、駐車場あり)

-備    考-

参加費:無料
定 員:50名(事前申し込み制、先着順)
【申込先】 高知県立高知城歴史博物館地域企画課
 電話・FAX・はがきで受付 
 〒780-0842  高知県高知市追手筋2-7-5  
  電話 : 088-871-1629  FAX : 088-871-1619
   ※氏名・住所・電話番号をお知らせください

公式ホームページはこちら

―町史編さん成果展

やすだのお祭り―地域に伝わる信仰―

<施設名>安田まちなみ交流館・和
<期  間>令和5年11月3日(金・祝)

      ~令和6年3月10日(日)
<時 間>9:00~17:00 (最終入館16:30)
<会 場>安田まちなみ交流館・和
<休館日>火曜日(祝日の場合その翌営業日)

     ・年末年始(12月28日~1月2日)

-備    考-

観覧料:200円(高校生以下および障害者手帳提示者は無料)

公式ホームページはこちら

時代小説と歴史小説展

―江戸時代を生きる、今を生きる 

<施設名>高知県立文学館
<期  間>令和6年1日20日(土)

     ~令和6年3月24日(日)
<時 間>9:00~17:00 (最終入館16:30)
<会 場>高知県立文学館2階 企画展示室
<休館日>会期中無休

-備    考-

観覧料500円(常設展含む)高校生以下無料、他減免あり

公式ホームページはこちら


企画展『牧野富太郎が歩いた「国有林」

~白髪山編~』

<施設名>本山町立大原富枝文学館
<期  間>令和5年10月7日(土)

     ~令和6年3月31日(日)
<時 間>9:00~17:00 (最終入館16:30)
<会 場>本山町立大原富枝文学館
<休館日>月曜日(祝・祭日の場合は翌日休館)

 ※年末年始 令和5年12月28日~令和6年1月4日まで休館

-備    考-

入館料:一般・大学生300円(240円)、

    小・中・高校生100円(80円)
※( )内は団体20名以上料金。ほか減免あり。

公式ホームページはこちら

定福寺の神々 

<施設名>定福寺宝物殿
<期  間>令和5年9月30日(土)~令和6年4月1日(月)
<時 間>8:00~17:00
<会 場>定福寺宝物殿
<休館日>年末年始 

-備    考-

高知県は廃仏毀釈の影響を強く受けた県です。
吉野川沿岸では定福寺だけが廃寺を免れたとされています。
その際多くの神像が定福寺に安置されました。
奈良文化財研究所で年輪年代法を用いて調査された神々を中心に、定福寺に残された神々の史資料を展示いたします。

定福寺宝物殿 入館料:100円

公式ホームページはこちら

四万十市郷土博物館企画展

「四万十風景ことはじめ 江川﨑」

<施設名>四万十市郷土博物館
<期  間>令和6年2月3日(土)~年5月14日(火)
<時 間>9:00~17:00(入館は16:30まで)
<会 場>四万十市郷土博物館 3階展示室
<休館日>水曜日

-備    考-

四万十市の風景はそこに暮らす人々の知恵や工夫、歴史が息づいています。
企画展「四万十風景ことはじめ」シリーズ第三弾は、西土佐江川﨑宮地集落の風景から地域の特色を読み解き、四万十川と支流の合流点にある町に栄えた旅館の資料とともに、今ある宮地集落の風景は何を伝えてくれるのかをご紹介します。
入館料:大人(個人)440円・(団体)350円、高校生(個人)170円・(団体)130円、中学生以下・65歳以上無料

※その他無料対象者あり
公式ホームページはこちら



これまでのイベント・展示情報


第30回右城暮石顕彰吉野川全国俳句大会 

<施設名>本山町立大原富枝文学館
<期  間>令和5年4月16日(日)
<時 間>10:00~16:00
<会 場>本山町プラチナセンターふれあいホール
<休館日>月曜日(祝・祭日の場合は翌日休館)

     ※大原富枝文学館休館日

-備    考-

●投句受付10時~11時30分(投句料2句1組1,000円、何組でも可)
開会13時、閉会16時(参加費無料)

公式ホームページはこちら

高知市立自由民権記念館企画展

「春野地域名望家の記録-細川義昌と吉良順吉-」

<施設名>高知市立自由民権記念館
<期  間>令和4年4月29日(金・祝)

                 ~令和5年5月7日(日)

【前期】令和4年4月29日(金・祝)~9月4日(日)
【中期】令和4年9月6日(火)~12月25日(日)
【後期】令和5年1月5日(木)~5月7日(日)
<時 間>9:30~17:00
<会 場>高知市立自由民権記念館 2階 特別展示室
<休館日>月曜日 祝日の翌日 年末年始(12月27日~1月4日)

-備    考-

入館料:個人(18歳以上)320円,

    団体(20人以上)250円/1人(常設展・企画展共通)
   高校生以下、65歳以上、療育手帳、身体障害者手帳及び精神障害者保健福祉手帳所持者とその介護者1人は無料

公式ホームページはこちら

四万十市郷土博物館企画展

「博物館の歩き方 土器の巻

~土器が語るむかしのくらし~」

<施設名>四万十市郷土博物館
<期  間>令和5年2月11日(土)~5月9日(火)
<時 間>9:00~17:00(入館は16:30まで)
<会 場>四万十市郷土博物館 3階展示室
<休館日>水曜日

-備    考-

四万十市郷土博物館では、リニューアル5周年記念企画展の第一弾として、資料の見方や楽しみ方を伝える企画展「博物館の歩き方 土器の巻」を開催中です。
今回の展示は、弥生時代の土器から地域ごとの暮らしぶりの違いを辿り、実物の土器と解説パネルで詳しく紹介しています。
入館料:大人(個人)440円・(団体)350円、高校生(個人)170円・(団体)130円、中学生以下・65歳以上無料※その他無料対象者あり
公式ホームページはこちら


講演会「瓦版から見た幕長戦争」

<施設名>中岡慎太郎館
<期  間>令和5年5月15日(日)
<時 間>13:30~15:00
<会 場>中岡慎太郎館2階 多目的ホール

-備    考-

入 館 料:一般500円、小中学生300円団体料金は10名以上から。各100円引き
身障者手帳1・2級所持者およびその介護者、北川村民は無料

公式ホームページはこちら

企画展 知られざる土佐古代塗

―土佐ニ古風ノ漆器アリ―  

<施設名>高知県立高知城歴史博物館
<期  間>令和5年3月21日(火・祝)~5月19日(金)
<時 間>9:00~18:00

     (日曜のみ8:00~18:00)
     ※展示室への入室は閉館30分前まで

<会 場>高知県立高知城歴史博物館 特別展示室
<休館日>なし

-備    考-

深みのある朱と黒の対照、岩肌のような地、文字を主体とした装飾を特徴とする漆器「土佐古代塗」。高知では引き出物・記念品の定番として親しまれてきました。130年に及ぶその歩みとこころざしを紹介する展覧会。

観覧料:700円(常設展含む。高知城とのセット券900円)
※高校生以下と県内65歳以上の方は無料

公式ホームページはこちら

瓦版・錦絵から見た幕末政治

<施設名>中岡慎太郎館
<期  間>令和5年4月12日(水)~6月12日(月)
<時 間>9:00~16:30(入館は16:00まで)
<会 場>中岡慎太郎館2階 多目的ホール
<休館日>毎週火曜日(祝日の場合はその翌日)

-備    考-

科学技術が発達した現代では、テレビインターネットSNSなどで、世の中の動きや各地の出来事が瞬時に拡散される。
幕末の時代、庶民たちが世の中の動きを知る手がかりとしたものに、「瓦版」や
錦絵がある。
これらは、今でいう写真週刊誌や
号外のようなもので、事件の注目度や話題性を高めるために大げさな表現で書かれる。それゆえ、オーバーな表現がなされているところは、瓦版や錦絵をつくった人たちが伝えたいこと、世間の関心が高いニュースであることがわかる。
今回の企画展は、幕末維新期の庶民の関心が高かったニュースを慎太郎館が所蔵する瓦版と錦絵を展示し、紹介する。
入 館 料:一般500円、小中学生300円団体料金は10名以上から。各100円引き
身障者手帳1・2級所持者およびその介護者、北川村民は無料

公式ホームページはこちら


俳句の道展『暮石と和生』

<施設名>本山町立大原富枝文学館
<期  間>令和5年2月5日(日)~5月28日(日)
<時 間>9:00~17:00(最終入館16:30)
<会 場>本山町立大原富枝文学館
<休館日>月曜日(祝・祭日の場合は翌日休館)

-備    考-

入館料:一般・大学生300円(240円)、

         小・中・高校生100円(80円)
※( )内は団体20名以上料金。ほか減免あり。

公式ホームページはこちら

みんな遊んだあの頃のおもちゃ展

<施設名>安田まちなみ交流館・和
<期  間>令和5年3月18日(土)~6月25日(日)
<時 間>9:00~17:00 (最終入館16:30)
<会 場>安田まちなみ交流館・和
<休館日>火曜日(祝日の場合その翌営業日)

-備    考-

観覧料:200円(高校生以下および障害者手帳提示者は無料)

公式ホームページはこちら

特別展 「田村泰子日本画展 歩み」

<施設名>中土佐町立美術館
<期  間>令和5年6月21日(水)~7月9日(日)
<時 間>10:00~17:00

     (期間中の最終入館は1630、

      最終日7月9日(日)は16:00まで)
<会 場>中土佐町立美術館
<休館日>月曜日(祝・祭日の場合は翌日休館)

-備    考-

入館料:一般 :300円 (200円)
    高校生:100円 (50円)
    小・中学生:50円 (20円)
    ※括弧内は団体15名様以上割引料金

公式ホームページはこちら


海イベント(夏休み特別イベント)

<施設名>高知県立高知城歴史博物館
<期  間>令和5年7月16日(日)
<時 間>9:00~15:00
<会 場>高知県立高知城歴史博物館

-備    考-

●物産販売コーナー
高知の海にちなんだ体験や物産コーナーを開催します。
出 店 きよみ商店(高知市) 
    黒潮町缶詰製作所(黒潮町)
    田野屋銀象(土佐市)
    土佐まなべ商店(高知市) 
    新谷商店(土佐清水市)  
    まえだ食堂(安芸市)
    米沢サンゴ店(高知市)
●カツオ一本釣り体験コーナー
体験用の道具で土佐伝統の一本釣りを体験しよう!
  (協力:高知カツオ県民会議)
●当日は、小学生以下のお子様連れの大人の方2名まで当館の展示を無料でご覧いただけます。

「わくわく!体験コーナー」も開催します。(9:00~12:00/13:00~16:00)
展示室では企画展「今年はうさぎ年!大やまぴょんまつり」も開催中です。
ぜひご家族でご来館ください!

公式ホームページはこちら

夏休み工作教室 

「型染(かたぞめ)」でオリジナルバッグを

つくってみよう!   

<施設名>高知県立高知城歴史博物館
<期  間>令和5年8月5日(土)
<時 間>10:00~11:30
<会 場>高知県立高知城歴史博物館 1階実習室

-備    考-

むかしから着物をそめるのにつかわれている「型染」という方法をつかって、自分だけのバッグをつくってみよう!
参加定員  小学生12人【要申込】
参加費      800円
【申込方法】
受付または電話・FAX・ハガキで住所・氏名・電話番号をお知らせください。

当選者には整理券をお送りします。(希望者多数の場合は抽選となります。)
【申込〆切】7月29日(土)

公式ホームページはこちら

自由研究応援企画 寺子屋 じょうはく 

<施設名>高知県立高知城歴史博物館
<期  間>令和5年7月29日(土)、8月6日(日)
<時 間>9:00~12:00、13:00~16:00
<会 場>高知県立高知城歴史博物館 3階ロビー
<休館日>なし

-備    考-

みんなの「知りたい」をおうえん!
歴史の質問に、学芸員(=はかせの次くらいにくわしい人)がこたえます。
※きゅうに来てもだいじょうぶだけれど、とても知りたい、かならず聞きたいことがある人は、先に電話してください。

公式ホームページはこちら


夏休み企画展関連イベント 子どもシンポジウム

<施設名>高知県立のいち動物公園
<期  間>令和5年8月20日(日)
<時 間>14:00~15:00
<会 場>高知県立のいち動物公園

     どうぶつ科学館1Fシアター

<休館日>毎週月曜日(祝日の場合は翌日休)

-備    考-

*参加費:入園料のみ。

     大人470円(18歳未満・高校生以下は無料)
*年齢制限なし。誰でも参加できます。
*ご参加いただいた先着50名様に、高知商業高校ジビエ部より「シカ角キーホルダー」をプレゼントします。

公式ホームページはこちら

親子キャラ弁教室

(やまぴょん弁当をつくろう!) 

<施設名>高知県立高知城歴史博物館
<期  間>令和5年8月20日(日)
<時 間>10:00~12:00
<会 場>高知県立高知城歴史博物館 1階実習室

-備    考-

高知の食材をつかって城博のマスコットキャラクターやまぴょんのキャラクター弁当をつくってみよう!
※簡単な調理と盛り付けをします。お弁当は最後にみんなで食べます。

参加定員:小学生以下の親子8組16人
参加費 :1,000円(1組)
講師  :RKC調理製菓専門学校 教員 前田勇さん
【申込方法】
受付または電話・FAX・ハガキで住所・氏名・電話番号をお知らせください。
当選者には整理券をお送りします。(希望者多数の場合は抽選となります。)
【申込〆切】8月5日(土)

公式ホームページはこちら

ジョーハクキッズデー 

<施設名>高知県立高知城歴史博物館
<期  間>令和5年7月16日(日)、29日(土)
     8月6日(日)、12日(土)、13日(日)、

     14日(月)、20日(日)
<時 間>9:00~18:00

     (日曜のみ8:00~18:00)
     ※展示室への入室は閉館30分前まで

<会 場>高知県立高知城歴史博物館 特別展示室
<休館日>なし

-備    考-

① 小学生以下のお子様連れの大人の方(2名まで)展示観覧無料!
※高校生以下、高知県または高知市長寿手帳をお持ちの方も通常どおり無料
② わくわく!体験コーナー
変わり兜や刀など昔の道具がもりだくさん!かぶって、持って、おとのさまになりきろう!
開催時間:9:00~12:00、13:00~16:00

公式ホームページはこちら


牧野博士と探してみよう!

室戸のSDGs今昔  

<施設名>キラメッセ室戸 鯨館
<期  間>令和5年7月11日(火)~9月3日(日)
<時 間>9:00~17:00

     (最終入館16:30)
<会 場>キラメッセ室戸 鯨館
<休館日>月曜日(祝日の場合は翌日)

-備    考-

8月14日(月)は営業いたします。
9月4日(月)~9月11日(月)まで館内清掃とスタッフ研修の為、臨時休館とさせていただきます。

公式ホームページはこちら

夏休み企画展 ~SDGs わたしたちにできること~

「山の恵みは海の恵み ―物部川流域―」

<施設名>高知県立のいち動物公園
<期  間>令和5年7月15日(土)~9月3日(日)
<時 間>9:30~16:45
<会 場>高知県立のいち動物公園

     どうぶつ科学館1F

-備    考-

*参加費:入園料のみ。
     大人470円(18歳未満・高校生以下は無料)

公式ホームページはこちら

今年はうさぎ年!

大やまぴょんまつり  

<施設名>高知県立高知城歴史博物館
<期  間>令和5年6月23日(金)~9月4日(月)
<時 間>9:00~18:00

     (日曜のみ8:00~18:00)
     ※展示室への入室は閉館30分前まで

<会 場>高知県立高知城歴史博物館 特別展示室
<休館日>なし

-備    考-

夏休み子ども向け企画展。

城博(ジョーハク)のキャラクター「やまぴょん」が、藩主の一日や昔の道具、展示の楽しみ方をご案内します。ビンゴラリーやクイズラリーなどとあわせてお楽しみください。

観覧料:

 高校生以下:無料
 一般の方:700円(高知城とのセット券900円)
 高知県・高知市長寿手帳をお持ちの方は無料
 ※高校生以下と県内65歳以上の方は無料

公式ホームページはこちら


四万十市郷土博物館企画展

「四万十の植物学者 さわらぎ先生の語り草」

<施設名>四万十市郷土博物館
<期  間>令和5年7月1日(土)~9月26日(火)
<時 間>9:00~17:00(入館は16:30まで)
<会 場>四万十市郷土博物館 3階展示室
<休館日>水曜日

-備    考-

四万十川のそばで生まれ育った澤良木庄一先生(さわらぎ先生)は、森や川、谷を歩いて植物に出会い、自然の力強さや素晴らしさを伝え、四万十川流域の景観保全や防災植物の普及など、さまざまな活躍をされました。
この企画展では、さわらぎ先生が遺してくれた言葉をひも解きながら、植物を通して環境や社会を見つめた先生の視点をお伝えします。
入館料:大人(個人)440円・(団体)350円、高校生(個人)170円・(団体)130円、中学生以下・65歳以上無料

※その他無料対象者あり
公式ホームページはこちら

企画展『草を褥に-小説牧野富太郎』

<施設名>本山町立大原富枝文学館
<期  間>令和5年6月4日(日)~9月30日(土)
<時 間>9:00~17:00 (最終入館16:30)
<会 場>本山町立大原富枝文学館
<休館日>月曜日(祝・祭日の場合は翌日休館)

-備    考-

入館料:一般・大学生300円(240円)、

    小・中・高校生100円(80円)
※( )内は団体20名以上料金。ほか減免あり。

公式ホームページはこちら

第32回大原富枝賞

<施設名>本山町立大原富枝文学館
<期  間>令和5年7月1日(土)~9月30日(土)
<時 間>9:00~17:00 (最終入館16:30)
<会 場>本山町立大原富枝文学館
<休館日>月曜日(祝・祭日の場合は翌日休館)

-備    考-

参加費  無料
入賞発表 令和5年12月上旬
表彰式  令和6年1月7日(日)

            (本山町プラチナセンターふれあいホール)

公式ホームページはこちら


特別展 花と歴史の爛漫土佐

第2部 月と龍馬の桂浜―坂本龍馬像物語 

<施設名>高知県立坂本龍馬記念館
<期  間>令和5年7月15日(土)~10月1日(日)
<時 間>9:00~17:00 (最終入館16:30)
<会 場>高知県立坂本龍馬記念館 企画展示室
<休館日>年中無休

-備    考-

入館料:一般700円、団体560円

公式ホームページはこちら

特集展示 「絵金がつくった祝いのかたち」 

<施設名>創造広場「アクトランド」
<期  間>令和5年7月8日(土)〜10月15日(日)
<時 間>10:00〜18:00 (最終入館17:30)
<会 場>創造広場「アクトランド」 

      絵金派アートギャラリー
<休館日>月曜日(祝・祭日の場合は翌日休館)

-備    考-

入絵金は幕末土佐の民衆の求めに応じて、様々な作品を制作しました。
神社の夏祭りの夜を彩った芝居絵屏風や絵馬提灯、神社に奉納した絵馬、そして節句などの祝いの場に張り巡らせたといわれる横幟など、土佐の祝いの場を彩ったさまざまな「かたち」を紹介します。絵金の多様な作風をお楽しみください。
特集展示 絵金がつくった祝のかたち

入館料:一般・大学生1000円(900円)、
    小・中・高校生500円(450円)
※( )内は団体20名以上料金。ほか割引あり。

公式ホームページはこちら

龍馬の志を継いだ男、坂本直寛

―生誕170年―

<施設名>安田まちなみ交流館・和
<期  間>令和5年7月1日(土)~10月29日(日)
<時 間>9:00~17:00 (最終入館16:30)
<会 場>安田まちなみ交流館・和
<休館日>火曜日(祝日の場合その翌営業日)

-備    考-

観覧料:200円(高校生以下および障害者手帳提示者は無料)

公式ホームページはこちら


夏秋コレクション展「植物文様の世界」

<施設名>安芸市立歴史民俗資料館
<期  間>令和5年7月22日(土)~11月5日(日)
<時 間>9:00~17:00
<会 場>安芸市立歴史民俗資料館
<休館日>毎週月曜日(9月18日、10月9日は開館)

-備    考-

NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」に関連した企画展を開催中です。
五藤家伝来品を中心に、当館の所蔵資料の中から、植物を描いた武具や美術工芸品を展示しています。

公式ホームページはこちら

第32回のいち動物公園写真コンテスト作品展

<施設名>高知県立のいち動物公園
<期  間>令和5年9月10日(日)~11月5日(日)
<時 間>9:30~16:45
<会 場>高知県立のいち動物公園

     どうぶつ科学館1F

-備    考-

*参加費:入園料のみ。
     大人470円(18歳未満・高校生以下は無料)

*内 容:コンテスト応募作品の中から、入選作品62点を展示します。
 動物の一瞬の表情やしぐさなど、園内で撮影された多彩な作品をぜひご覧ください。
*場 所:どうぶつ科学館1階

公式ホームページはこちら

夜の紙博~光る森と水の音~ 

<施設名>いの町紙の博物館
<期  間>令和5年11月23日(木)、25日(土)、26日(日)
   ※24日(金)は通常開館で「夜の紙博」は休止。

<時 間>17:00~20:30(入場は30分前まで)

   ※17時までは通常開館 
<会 場>いの町紙の博物館
<休館日>月曜日休館

-備    考-

夜の紙博入館料(17:00~):大人400円/小・中・高生50円
  ※17時までは通常料金

公式ホームページはこちら


夜の紙博~光る森と水の音~ 
【夜の紙博限定企画】紙漉きランプシェード体験

<施設名>いの町紙の博物館
<期  間>令和5年11月3日(金)~11月26日(日)
<時 間>9:00~16:00
<会 場>いの町紙の博物館
<休館日>月曜日休館

-備    考-

・体験費:1,800円(入館料が別途必要になります。)
・各回5名
・夜の紙博の開催時間中は、紙漉きができないため事前に用意した和紙での和紙ランプシェード作りになります。

申込についてこちら

公式ホームページはこちら

企画展「備える・学ぶ 南海トラフ地震対策」 

<施設名>高知県立公文書館
<期  間>令和5年7月24日(月)~12月25日(月)
<時 間>9:00~17:00
<会 場>高知県立公文書館 1階展示室
<休館日>土・日・祝日 

    ただし、7月30日(日)、8月27日(日)は開催。

-備    考-

入場無料

公式ホームページはこちら

めざめる探偵たち

~文豪ストレイドッグス×高知県立文学館~ 

<施設名>高知県立文学館
<期  間>令和5年10日7日(土)

     ~令和6年1月8日(月・祝)
<時 間>9:00~17:00 (最終入館16:30)
<会 場>高知県立文学館2階 企画展示室
<休館日>令和5年12月27日(水)

      ~令和6年1月1日(月・祝)

-備    考-

観覧料500円(常設展含む)高校生以下無料、他減免あり

公式ホームページはこちら


高知工科大学地域連携機構主催
地域の未来を考える地域連携セミナー2023 第5回

「市民科学による地域文化資源継承の実践と方法」

<施設名>高知工科大学
<期  間>令和6年1月24日(水)
<時 間>15:30~17:00
<会 場>高知工科大学 永国寺キャンパス 地域連携棟4階 多目的ホール
※地域連携棟前の駐車場使用可(台数に制限がありますので、可能な限り公共交通をご利用ください)


         -備    考-
【参加費】無料    

【講師】

楠瀬 慶太氏(株式会社高知新聞社 編集局 学芸部 記者)
高木 方隆教授(高知工科大学 システム工学群/地域連携機構 国土情報処理工学研究室)

【参加方法】 会場・オンライン
・会場参加
 電話(0887-57-2743)または申込フォームに必要事項を入力のうえ申込
申込フォームはこちら

・オンライン
 申込不要です。地域連携機構YouTubeから参加
地域連携機構YouTubeはこちら

詳細はこちら

「富枝忌」

<施設名>本山町立大原富枝文学館
<期  間>令和6年1月27日(土)
<時 間>14:00~15:30(開場13:30)
<会 場>本山町プラチナセンターふれあいホール
<休館日>月曜日(祝・祭日の場合は翌日休館)

 ※年末年始 令和5年12月28日~令和6年1月4日まで休館

-備    考-

参加費   無料
申込締切 令和6年1月19日(金)

公式ホームページはこちら

四万十市郷土博物館企画展

『郷土料理の名わき役 ぶしゅかんの「ぎゅっ」』

<施設名>四万十市郷土博物館
<期  間>令和5年9月30日(土)~令和6年1月30日(火)
<時 間>9:00~17:00(入館は16:30まで)
<会 場>四万十市郷土博物館 3階展示室
<休館日>水曜日

-備    考-

高知の郷土料理に欠かせない酢みかん。その種類は多くありますが、中でも本市の特産品であるぶしゅかんに焦点をあて、使われ方や栽培方法、地域から全国へ発信を試みる生産者の声や地域学生の挑戦など、ぶしゅかんの情報を「ぎゅっ」と凝縮してご紹介する企画展です。
入館料:大人(個人)440円・(団体)350円、高校生(個人)170円・(団体)130円、中学生以下・65歳以上無料

※その他無料対象者あり
公式ホームページはこちら


第31回右城暮石顕彰吉野川全国俳句大会

事前句募集

<施設名>本山町立大原富枝文学館
<期  間>投句〆切:令和6年1月31日(水)
<時 間>9:00~17:00 (最終入館16:30)
<会 場>投句先:本山町立大原富枝文学館内

      右城暮石顕彰吉野川全国俳句大会事務局
<休館日>年末年始令和5年12月28日~令和6年1月4日、月曜日(祝・祭日の場合は翌日休館)

-備    考-

本山町出身の蛇笏賞受賞俳人右城暮石の功績を称え「第31回右城暮石顕彰吉野川全国俳句大会」を開催します。「運河」主宰谷口智行氏、「群青」共同代表櫂未知子氏を選者に迎え、事前句を募集します。
四季雑詠2句1組を規定の投句用紙に記入のうえ、投句料2句一組1,000円(何組でも応募可。郵送の場合は小為替か現金書留に限る)を添えて、令和6年1月31日(水)までに大原富枝文学館へ郵送、または持参してください。
投句用紙は大原富枝文学館HPからダウンロードできます。入賞発表は大原富枝文学館HP上で行い、入賞者へ書面で通知します。
令和6年4月14日(日)に表彰式、櫂未知子氏による記念講演「『女流』が要らなくなる時代」、当日句会を開催します。

公式ホームページはこちら

秋冬コレクション展

<施設名>安芸市立歴史民俗資料館
<期  間>令和5年11月11日(土)~令和6年2月4日(日)
<時 間>9:00~17:00
<会 場>安芸市立歴史民俗資料館
<休館日>毎週月曜日(1月8日は開館)

-備    考-

五藤家伝来品を中心に、当館の所蔵資料の中から、秋・冬に関するものなど約40点を展示しています。

公式ホームページはこちら

寿岳文章 人と仕事 展 

<施設名>いの町紙の博物館
<期  間>令和5年12月16日(土)~令和6年2月4日(日)
<時 間>9:00~17:00
<会 場>いの町紙の博物館
<休館日>年末年始12月27日(水)

      ~1月1日(月)・1月4日(木)
     月曜日休館(祝日の場合は、翌日休館)

-備    考-

いの町紙の博物館の入館料で観覧でできます。
入館料:大人500円(団体400円)小・中・高生100円(80円)/65歳以上250円

【記念講演「寿岳文章と和紙」
※要予約
令和6年1月20日(土)14:00~16:00
聴講費無料
場所:いの町役場1階 いのホール

公式ホームページはこちら




過去の展示・イベント情報